薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛には酵素が決め手だった

読了までの目安時間:約 3分

薄毛は遺伝だと私は思うのです。

 

よく本などでは、

 

「脱毛そのものではなく、脱毛になりやすい体質が遺伝する」

 

といわれています。

 

 

たしかに「親の生活習慣」は子どもに受け継がれる部分があります。

 

一例として、子どものころにハンバーガーを好んで多く食べた人は、大人になってからもハンバーガーを食べるのが好きなままなのですね。

 

野菜を好み、バランスのよい食事になれている子どもは、成人してからもその食事バランスを受け継ぎやすいのです。

 

遺伝的にハゲになりそうな人は肉類を好むほうが脱毛しやすい。

 

また、野菜を食べない場合には急速にハゲると私は考えます。

 

 

 

ハゲやすい体質十良くない生活習慣がハゲを産むのです。

 

人間は、血液型・体形・また、髪の毛の質・脱毛年齢など多くの面で遺伝子の情報を受け継いでいます。

 

薄毛やハゲは遺伝といわれれば、

 

「もう、どうしようもないじゃないか!!」

 

と絶望する人もいますが、対応策はあります。

 

 

 

体形や髪の毛は、食べ物の工夫と生活習慣によって変わるからです。

 

日本人の食生活は、欧米型になりつつあり、脂分が多くなりました。

 

動物性タンパク質、油や塩分を摂りすぎてハゲてきている人が多くなった。

 

薄毛を治すためには昔ながらの日本食がいいのです。

 

米のご飯・みそ汁・のり。

 

サケやイワシ。

 

朝食一つをとっても、髪の毛に良さそうですよね。

 

 

 

野菜不足になりますと、どうしても髪の毛は増えないです。

 

だから、生きた酵素のある野菜酵素を積極的にとりたいものです。

 

育毛剤などでは育毛は成功しないですよ。

 

身体の中に髪の毛の生える要素を取り入れることです。

 

 

野草酵素|酵素八十八選

 

 

IMGP0580.JPG

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報