薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

発毛と冷えと頭痛

読了までの目安時間:約 3分

発毛の妨げ地なるひえによる頭痛の予防法

 

慢性的な頭痛で悩んでいる方が増えているようです。

 

冷えが頭痛を呼び、頭痛がハゲを呼びます。

 

というのも、頭痛薬を飲むと育毛にはマイナスとなるのです。

 

とくに、慢性的に頭痛薬を飲むことは、ハゲや薄毛の大きな原因なので、今回のブログは重要なのです。

 

頭痛には色々な原因がありますが、冷え性が引き起こす頭痛は血流の悪化が原因と言われています。

 

血流の悪化はハゲをよびます。

 

首や肩のこりがひどくなると、筋肉が硬くなリ血液やリンパの流れが悪くなり、薄毛の原因となります。

 

さらに、血管や神経を圧迫するので、症状が悪化して緊張性頭痛などの慢性的な病気を引き起こすことがあります。

 

寝ている間に体が冷えると血流が悪化してしまうので、朝の起床時に体調不良を起こしやすくなります。

 

その一つの症状が、起床維持に起る緊張性頭痛です。

 

これは、副腎皮質ホルモンと深く関わりがあります。

 

冷え性になると、就寝中に副腎皮質ホルモンが消費され、朝の目覚めが悪いだけでなく、体調不良を引き起こしてしまいます。

 

さらに、就寝中に血流が悪化するので、水分補給が上手く行かなくなり、起床時に体調不良や頭痛を引き起こしやすくなります。

 

体調不良や頭痛による薄毛やハゲを予防するには、就寝中に体を冷やさないようにすることが大切です。

 

特に夏場は、エアコンや扇風機をつけたまま就寝する方もいますが、寝ている間に体温が下がり、低体温になる恐れがあります。

 

このような場合も、朝の起床時に頭痛を引き起こすことがあるので注意しましょう。

 

体を冷やさないことはもちろんですが、首や肩のこりがひどくならないように日頃から注意すれば、冷えが原因で起る頭痛を予防することができます。

 

首や肩の筋肉を温めてほぐしておけば、頭痛を起こさなくなるでしょう。

 

低体温は病気の症状ではありませんが、他の病気を招く恐れがあります。

 

体調不良や頭痛がひどい時は、発毛促進のためにも、早めに診てもらいましょう。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報