薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛漢方の大前提は食事とストレス

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方療法において、大事なのは食生活と心の平安です。

 

すなはち、

 

バランスのとれた食事と、ストレス解消ということです。

 

この二つが漢方育毛法の基礎。

 

ここを満足させないと、髪の毛は生えないです。

 

豊かな毛髪を得るには、健康な身体作りが大事です。

 

生活習慣病を起こすような食生活はハゲを招くので、禁物です。

 

脂っこい肉などは、食事のあと、血液中のコレステロール濃度を高めます。

 

そうなると、毛乳頭にスムーズに栄養を行き渡りにくくなります。

 

肉の多食は、皮脂の分泌を多くし、脱毛の原因をつくるのです。

 

また、食事でビタミンAが不足すると皮脂の分泌が減ります。

 

そうなると、汗腺の働きが弱って角質層が厚くなります。

 

またビタミンBが不足すると、皮脂の分泌が多くなり、漏性脱毛を引き起こすおそれがあります。

 

刺激物を食べ過ぎないようにしましょう。

 

酒は控えめにします。

 

喫煙も薄毛のもとになります。

 

何が髪の毛にとってよい食事なのか?

 

それは、生活習慣病の予防食と同じレベルで考えるとよいのです。

 

そして、もうひとつの問題はストレスなのです。

 

自律神経は人間の意思に関係なく働いている神経です。

 

ホルモンと同じく間脳の視床下部というところにあります。

 

神経細胞は交感神経と副交感神経となって、内臓のいろいろな器官や分泌腺などに分布しています。

 

交感神経が刺激されると、身体の活動が活発になり、汗がでやすくなりますし、血管の収縮などが起こります。

 

副交感神経が刺激されると、身体の修復や疲労回復ができます。

 

イライラや心配事が多いと、ストレスの悪影響で皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌が増えます。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報