薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛漢方2014年の思い出など

読了までの目安時間:約 5分

2014年も、もうすぐ終わり。

 

 

昨日はSTAP細胞の小保方さんが理研を退職したこと。

 

 

そして細胞の再現はできなかったということが報じられました。

2014年のSTAP細胞に関する一連のニュースは記憶に残るものとなりました。

 

 

「STAP細胞でハゲが治せる」

 

 

などと2チャンネルなどでは面白おかしく話題となったりしましたね。

 

 

さて、あなたの2014年の育毛成果はどうでしたか?

うまく生えたでしょうか。

 

 

もし、思うような成果が出ていないのなら、11月に私の作成した育毛マニュアルを検討ください。

内容的には「生やすために重要なことを詰め込んだ」ものです。

 

 

無料です。

無料ですが、コラーゲンか育毛サプリを購入し、実行できる準備のある人にお渡ししています。

 

 

知識だけでは生えないんですね。

 

 

無理。

 

実践しなけりゃ発毛は無理。

実践

実践

実践

 

「実践する」と決意した者だけが発毛に成功します。

 

では、今日の話題。

 

育毛漢方あるいは漢方育毛のすすめ。

 

育毛は漢方の手法を用いるのが安全確実です。

 

 

私の知っている人は、

プロペシア

ミノキシジル(大正製薬 リアップ・・・・ミノキシジル1%)

で、かなりの発毛を達成しました。

 

 

 

2013年になってはじめたということで、1年半で、見違えるような髪の毛の状況です。

本人も、喜んでいます。

 

 

理髪店の人にも、

「ええっ?、○○さん、頭頂部に生えてきてますよ!!」

と言われたそうです。

 

 

たしかに、プロペシアとミノキシジルの効果は、定評があります。

私も、当然、知っています。

 

 

ただ、知人もお医者さんから言われたように、性的な面で、少々問題があるかもしれないのです。

というよりも「ある」と断言します。

 

 

貧血の人もよくありません。

その点、育毛漢方法では、実践すればするほど、健康になります。

その育毛漢方では、高橋由美子先生が、圧倒的に有名ですし、その育毛効果も、評価が高いのです。

 

 

私も、高橋先生には、感謝すること「大」なのですね。

さて、育毛漢方では、古村和子さんの著書も、参考になりました。

 

 

『どんな悩みもみるみる解消 漢方流で髪が生える』

も、名著といえる内容です。

 

 

結論だけ、今回はご紹介。

1.髪をつくるのは「腎」(じん)で、髪の材料は血

2.腎虚と血虚が抜け毛の原因

3.「冷え」は排除する

4.体全体のツボを刺激する

5.心の安定をはかる

など。

 

 

個別の詳しい方法はまた次回以降に記載します。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報