薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛サプリメントと5αリダクターゼとの関係

読了までの目安時間:約 4分

ハゲの原因は、いくつか説があります。

 

 

なかでも男性の場合にもっとも影響があるのが「5αリダクターゼ」が要因となって髪の毛の成育サイクルを乱してしまうことなのですね。

 

 

この5αリダクターゼという酵素が活動することで、髪の毛は少なくなっていきます。

 

 

では、5αリダクターゼは、とんでもない悪者なのでしょうか?

 

 

私は、やはり「悪者」だと思います。

 

 

そうとしか、思えないのです。

 

 

この「悪玉酵素」がなければ、遺伝的な薄毛やハゲはないのにね。

 

 

ところが。

 

 

ところがですよ。

 

 

5αリダクターゼも「ハゲ原因を作る悪者」とはいえないかもね。

 

 

なにか、我々にはわからなくても、必要だから存在するのかもしれません。

 

 

ガンが、身体を休ませてあげようとして発生するという説があるのです。

 

 

顔にできるシミも、紫外線から身体を守るために、皮膚を黒くして、紫外線対策をしているのですね。

 

 

また、風邪などの時に熱を出すのも、

 

 

「身体を熱くして細菌を殺そうとする」作用なのですよ。

 

 

そう考えると、

 

 

ハゲ、薄毛をよぶ5αリダクターゼにも、何かの役割があるのかもしれないですよ。

 

 

悪者扱いをされて悔しがっているのかもね。

 

 

今のところ、5αリダクターゼは、薄毛やハゲ原因とされているのですから、

 

 

これを押さえつけることができたらハゲや薄毛はグーンと減るはずです。

 

 

薄毛原因となる悪玉酵素を押さえつけるには、

 

 

プロペシアというクスリを飲むか、

 

 

それとも、

 

 

5αリダクターゼを防ぐ、ノコギリヤシや、カボチャの種、プラセンタ、大豆イソフラボンを飲むのか。

 

 

私はフェルサというノコギリヤシの育毛サプリメントを重要視して毎日2粒飲んでいます。

 

ようは、悪玉酵素を押さえつけることで、髪の毛はみるみる生えてくるのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報