薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛と発毛に酵素が効果的

読了までの目安時間:約 3分

発毛と食物酵素

 

消化酵素や代謝酵素は、潜在酵素と呼ばれ体内で作られる酵素です。

潜在酵素は生涯で作られる数も決まっています。

 

 

酵素が足りないと感じる時に補いたいのが、食品から摂取することができる食物酵素です。

お刺身や生肉、有機栽培で作られた生野菜や、パイナップルやイチゴ、アボガドなどの果物に、酵素が含まれています。

 

 

 

その他、納豆やキムチ、みそやヨーグルトなどの発酵食品にも酵素が含まれており、摂取すると効果的です。

これらの食品を熱したりすると酵素は壊れてしまうので気をつけましょう。

野菜も、有機栽培の生野菜がよいでしょう。

 

 

農薬などが使われていた場合、酵素が破壊されてしまうので効果が期待できません。

食べ方にも工夫が必要です。

 

 

まず、30回以上よく噛んで食べることにより、唾液の分泌で食べ物を分解しながら体内に運ぶことができます。

胃やすい臓、腸などの酵素に負担をかけなくてすみます。

 

 

1食のメニューの中でも酵素がおおい食べ物から先に食べるようにしましょう。

体内にある消化酵素の浪費を防ぐことができます。

サプリメントなどで酵素を摂取する場合は、加工されたものではなく、生の酵素を摂取できるように気を付けてください。

 

 

 

食べるものや食べ方に気を付けて、酵素を発毛や薄毛対策に生かすことが大切ですね。

酵素の役割を知っているかいないかが、育毛効果につながってしまいます。

酵素の働きを低下させてしまう食べ物もあります。

 

 

アルコールやインスタント食品のような加工食品は、酵素の無駄づかいになってしまうので、極力食べないようにしなくてはいけません。

当然ですが、薄毛対策にはインスタント食品などはよくないです。

 

 

 

 

 

20代は薄毛を治すにはハードルが高いですが、あきらめないことです。

読了までの目安時間:約 2分

Fotolia_53279054_XS.jpg

20代の薄毛は高齢者よりも治しにくいです。

私自身も20代が「ハゲ遺伝子の活動」が激しかった。

40代からは、ハゲ遺伝子のパワーは落ちてきたように思えます。

最初が激しかった。

 

 

「おや、ハゲてきたのではないのか?」

そう感じてからが,速い早い。

あっという間に、額部分が後退し、テカテカしてきた。

 

 

 

漢方の育毛法で3か月後には明るい兆しが見えてきた。

1年後には、ほぼ克服できた。

しかし、ハゲ遺伝子が体内から消えたわけではないんです。

 

 

23歳でハゲ遺伝子があることがわかった日から、今日まで、ずっとハゲ遺伝子との戦いでした。

ハゲ遺伝子このパワーは加齢とともに落ちてきます。

つまり、20代よりは40代、50代が髪の毛を生やしやすい。

言い換えると、20代は髪の毛を復活させにくい。

 

 

覚悟が必要。

⇒ 薄毛、ハゲはメンズミレットで治す

 

20代の男性はメンズミレットで治しましょう。

もっとも効果的だと感じます。

漢方の育毛法の基礎を実行すれば、やがて結果が出る

読了までの目安時間:約 2分

漢方の育毛法を実践しましょう。

継続することで、やがて成果が見えてくることでしょう。

3か月は最低でも実践しましょう。

 

 

1年間実行して、何も変化がないということはないはず。

たんたんと、希望をもって実践すればいいのです。

では、早期に結果を得るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

一つには、口から取り入れる栄養成分です。

育毛剤に関しては、私は、否定的な考えです。

 

 

やはり、口から栄養を摂ることで、髪の毛は生えると実感しています。

健康食品や、サプリメントを活用しましょう。

 

 

普通の食事だけでは、実際には、髪の毛は生える可能性は少ないのです。

 

 

f:id:minanotame2:20150228192827j:plain

髪の毛の悩みは人間関係の中で起きるのです

読了までの目安時間:約 2分

髪の毛の悩みは人間関係の中で起きるのです。

 

 

無人島で一人暮らしなら、ハゲは気にならない。

平気。

あるいは、もし、「ハゲは素晴らしい」と認める国に暮らしていたら、ハゲはむしろうれしい。

ところが、ところが。

 

 

平成30年の日本では「ハゲはからかわれる存在」なのです。

これは確か。

漫才でハゲをからかうのは「当たり前」なのです。

 

 

笑いものです。

ハゲたら笑いものになると覚悟をする。

先輩や上司は平気でからかうのです。

 

 

だから、悔しい思いをする人もいるでしょう。

対策はハゲないこと。

なんとしても髪の毛を生やすことです。

 

 

カイセイ堂のメンズミレットがその不安を払しょくしてくれるのですね!!

今すぐにカイセイ堂のメンズミレットを飲むことです。

 

 

1か月に3本を3か月継続する。

 

 

これが私の強力育毛術。

継続率93%!回生堂メンズミレット

f:id:minanotame2:20160823213955j:plain

ミレットアルファでハゲのストレスを緩和し育毛も成功

読了までの目安時間:約 2分

20代の薄毛対策にはストレス対策が必要です。

 

 

ストレスが大きすぎると髪の毛は生えるパワーを失います。

20代でハゲてきたらストレスは大きい。

 

 

60歳でハゲるのとは、ショックの度合いが違うのです。

しかも、「にわとりが先か、タマゴが先か?」

ではないのですが、ストレスがあるからハゲるのか?

 

 

それとも、ハゲるからストレスになるのか?

とにかく「悪循環」だよね。

 

 

私が20代でハゲ遺伝子がオンとなったのも、ストレスがきっかけだったと自己判断しています。

会社でのストレスがなければ、ハゲがあれほど急激に起きることはなかったはず。

 

 

心を落ち着けることですね。

育毛にはストレス対策が重要とわかったので、その後は十分な対策が取れました。

たとえばセントジョーンズワートですね。

 

 

これを飲むと心が明るくなりますよ。

カイセイ堂さんから、ストレスを緩和するとともに、発毛効果のあるコラーゲンがあります。

 

 

心理面で平安感じになって、薄毛も治せる。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報