薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛方法を考える

読了までの目安時間:約 2分
薄毛を治す方法は大きく分けて二つ。
漢方的な育毛法と、プロペシアなどの医療的な育毛方法。
漢方の育毛法の効果がでるのは、原理原則に合致しているからです。
どのように髪の毛が成長するのかというと、毛乳頭細胞+毛母細胞部分において細胞分裂が活発に行われているからです。
細胞分裂が行われるには栄養が必要であることから、栄養を送り届ける血液を考えることです。
当然導かれる結論は、
1、質の良い血を大量に毛根部分に循環させる
2、栄養素が効率的に吸収される
この2点が実施されると良いのです。
男性ホルモンの分泌を抑える効果のある成分が合まれた飲む育毛剤の根拠は男性ホルモンが多いとハゲになるという説に裏付けられているものかもしれませんが、男性ホルモンが多いこととハゲることとの関係は認められているわけではないのです。
ただし、私の身の回りの人を見ていると、プロペシアはやはり効果があるのは確かです。
見違えるように生えた人が何人かいます。
でも、副作用があるのにね・・・・。
いいのかな?
漢方的な育毛法については、健康食品のようなものが多いです。
薄毛を治すという健康食品は、これからもでてくると思いますので、注意書きなどをよく読み宣伝だけに踊らされないようにしましょう。

薄毛を治すためにはストレス対策が必須です

読了までの目安時間:約 1分

薄毛とストレスは関係が深いですよ。

感情は血液の流れを左右するので、ストレスは血行を悪くします。

 

 

当然、髪の毛の栄養がなくなり、毛は生育しません。

また、病気も髪の毛にはよくないのです。

髪の毛は身体の一部。

 

 

身体が健康でないと、髪の毛も健全に生育できません。

ですから、病気やストレスには注意しましょう。

ところで、大殺界になると、病気や心配、ストレス、よくないこと、が立て続けに起こると言われています。

大殺界は、細木数子の六星占術の言葉です。

 

 

私は「木星人 +」という星で、今年2017年は「中殺界」の年。

体調を崩してハゲたりすることのないように注意したいものです。

育毛生活30年以上により頭皮に役立つ栄養が大事だとわかったです

読了までの目安時間:約 2分

育毛の根本は頭皮への栄養です。

 

これが30年以上の育毛生活から明確に理解できました。

 

そして、

 

栄養は育毛剤のような外からの作用ではなく、食べ物などで内側からとりたい。

 

頭皮は「肌」です。

 

肌に栄養を配る血液の元は鉄分です。

 

鉄分が不足すると髪はパサパサしてきますし、薄毛にもなります。

 

ビタミンCやタンパク質と一緒に取るといっそう吸収されるのです。

 

鉄分が多く含まれる食べ物を列挙しましょう。

 

ひじき(戻し )、しじみ 、牛レバー、 あさり 、レンズ豆、 鶏レバー 、高野豆腐、 がんもどき、 納豆、 菜の花

 

などですね。

 

毎日の食事で摂れないときにはサプリも検討しましょう。

 

食事だけでは育毛効果が十分でないのです。

 

 

新育毛栄養補助食品GROW UP(2個セット)【モテメン】

新育毛栄養補助食品GROW UP(2個セット)

 

 

薄毛改善と薄毛対策をどう実行したらいいのか?

読了までの目安時間:約 2分

fotolia_61237470_xs

 

 

薄毛対策と薄毛改善はコラーゲンサプリメントでOK

 

薄毛対策と薄毛改善、どちらもよく聞く言葉だと思いますが、混同しないようにしましょう。

 

同じような意味で用いられることもあるものの、厳密には違いが存在しています。

 

読んで字の如くなのですぐにわかるとは思いますが、薄毛対策は、薄毛になるのを防ぐことを目的として行う何らかの方法のこと。

 

一方の薄毛改善は、薄毛になってしまった人がその状態をなんとか元の状態に近づけるために行う何らかの方法のこと。

 

まあ、どちらもコラーゲンを飲むことで大きく改善できるのです。

 

薄毛になる前か後の違いと覚えておけば問題ないでしょう。

 

しかし薄毛になってしまっている人が、それ以上進行しないようにするために薄毛対策を行うこともあります。

 

なので特別使い分ける必要もあまりないのかもしれませんが、コラーゲンをはじめとした薄毛関連の商品を購入する時にはそれが「対策」のためのものなのか、

 

それとも「改善」を目的としたものなのかはとても重要になるので、その時には言葉の使われ方に注意してみましょう。

 
回生堂メンズミレット




 

 

薄毛になる前に対策をたてよう。

読了までの目安時間:約 4分

薄毛になる前に対策をたてよう。

 

私の30年以上の薄毛対策に悔いはありません。

 

よくぞ、ここまで髪の毛を復活させたと思うのです。

 

ですが、ただ一つ、初期対応というか、「予防」に力をいれていたら、もっと楽だったと少し反省もある。

 

薄毛に対しては「予防」が大事です。

 

加齢により、薄毛が進行するにしても、初期の対応がよければ、薄毛予防は効果が高いです。

 

育毛には、育毛サプリメントや育毛剤から始める人が多いはずです。

 

基本は、

 

1.はげの原因をなくす

 

2.ハゲないような方法を考えることです。

 

 

 

毎日のの生活を見直して、薄毛にならないようにします。

 

第一に、禁煙です。

 

髪の毛にとっても身体の健康にとってもタバコがよくない。

 

薄毛になりやすさがグーンとアップします。

 

タバコは血管を収縮させ、血行が悪くなるので、毛母細胞に、大事な栄養が届かない状態になります。

 

タバコをやめるか、育毛をあきらめるかの二択となります。

 

最も重要ともいえるのが、十分な睡眠。

 

髪も肌も眠っている間に細胞分裂が盛んです。

 

熟睡することが髪の生育を促進します。

 

育毛の睡眠はただ時間だけが問題ではなく、「質」も注意しておくことです。

 

できることなら、夜10時から眠ると育毛にはベスト。

 

また、心の状態も関与します。

 

ストレスにより肌と髪の毛はダメージを受けやすいです。

 

交感神経が刺激されると血流が阻害されるからです。

 

また、ストレスは健康そのものによくないので、髪の毛に良いはずがないのですね。

 

毛母細胞が元気に細胞分裂すると、毛髪が生育します。

 

髪のケアの基本はシャンプーです。

 

適切な育毛シャンプーを使用するべきです。

 

薄毛対策においては、品質の良くないシャンプーの害は非常に大きいです。

 

悪いシャンプーを使うくらいなら、お湯で洗うだけでもいいのです。

 

ただ、インターネットで調べてみて、評判の良いものなら大丈夫と思います。

 

私もいろんな育毛シャンプーを購入してきましたが、有名なものはどれもよかったですね。

 

しいていうと、馬油シャンプーでもいいし、回生堂の「薬用ミレットシャンプー」なら最高でしょう。

ヘアセットをするビジネスマン

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報