薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛を治す方法はわかっています

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治す方法はわかっています。

 

 

「でも、一日一分じゃないだろう?」

 

 

という人もいます。

 

 

いえ、1分で可能です。

なぜなら、私の体験した「育毛漢方療法」は、栄養成分を口に入れるのが主体の発毛法だから。

 

 

つまり、

1.薄毛原因を押さえつける成分

2.発毛促進成分

この二つを口に放り込めばいいのです。

 

 

放り込んだ後は、あなたの体内で、栄養成分がそれぞれに作動し、薄毛を克服し、発毛を実現するのです。

口に入れる時間は1分あればOK。

 

 

一番おオススメは、男性ならメンズミレット。

これを口に入れればいいのです。

ただし、ハゲてしまっている人は、1か月に3本を飲むこと。

 

 

それを3か月継続させる。

それができるか、どうか。

「ハゲているが、費用も掛かるので、1か月で1本を飲もう」

 

というアイデアには賛同できません。

1か月1本は現状維持の人。

 

 

ハゲを治し発毛させたいなら、1か月に3本を3か月継続させる。

育毛剤は買わなくていいので、メンズミレットを大量に飲むことです。

 

 

薄毛を治す3本セットがあるので、今すぐ注文してほしい。

⇒ 薄毛を治すセット

 

Fotolia_61314250_XS.jpg

シャンプーをしないという育毛方法

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには「何かをする」という方法と「何かをしない」という2種類あります。

 

 

今回は「何かをしない」という育毛法の一つ。

シャンプーをしないという選択。

 

 

どういうことなのか?

「シャンプーをすることが薄毛原因なのだ」

という説があります。

 

 

ずいぶん昔から、この説はあるのです。

「都会の浮浪者は髪の毛を洗わないのに、フサフサの場合が多いではないか」

という主張もあります。

 

 

私もシャンプーで洗いすぎるのは良くないと考えます。

二日に一回はお湯だけで洗髪してもいいでしょう。

 

 

ただし、二日に一回は良質のシャンプーも使うことです。

私が平成30年1月現在使用しているのは、カイセイ堂さんのシャンプーです。

 

 

使用感の良い育毛シャンプーです。

主力のカイセイコラーゲンと併用しましょう。

 

 

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』

6486a77966372b6b13361668724f00f3.jpg

20代の薄毛に効果の高いGROW UPを飲む

読了までの目安時間:約 1分

育毛サプリを愛用しています。

薄毛に悩む20代の人に。

 

 

私の体験からのアドバイス。

身体の中から生やす方法が効果的。

育毛剤よりも育毛サプリです。

 

 

もちろん「サプリだけ」で生える訳ではないです。

食事の中で栄養成分を取るとともに、補助的にサプリを飲む。

 

 

この「補助」が効果的でして、生えるパワーがグンとアップする。

サプリのなかでもGROW UPの費用対効果はすごくいい。

 

 

Fotolia_105657749_XS.jpg

ハーグ療法で薄毛を治す方法

読了までの目安時間:約 2分

最強の育毛法は何なのか?

育毛剤ではない。

 

 

育毛薬は副作用があり、実行したくない。

そこで登場したのがハーグ療法。

 

 

クスリのような栄養成分を毛母細胞に注射して、そこで発毛させる。

これは直接働きかけるので、効果が出やすい。

 

値段は1回8万円を6回。

つまり48万円が必要です。

いずれ、体験するかもしれないのですが、まずは情報をこれから集めます。

 

 

ネットでは悪い情報も載っていますね。

痛いらしいし。

 

ハーグ療法が平成30年1月現在も話題です。
しかし、ネットで口コミを見る限り、「まだ、様子見に徹するべきだ」と思わされます。

100万円近いお金を出し、痛い思いをして髪の毛が生えないなら、

「納得できん!!」

となるはず。

 

 

また、ハーグ療法は痛みを我慢しないといけないものなのですね。

多くの体験者が痛みを指摘していました。

これで生えないなら詐欺ではないでしょうか。

 

 

でも、育毛剤も決して満足のいく成果にはつながらないわけです。

そこを考えると、口から栄養成分を摂り、血液に乗せて毛母細胞に届けるのがベストだと考えます。

カイセイ堂のメンズミレットを私は主に使用しています。

 

継続率93%!回生堂メンズミレット

 

 



 

薄毛を治さずに「隠す」という選択肢

読了までの目安時間:約 1分

薄毛の人にとって、薄毛をからかわれたり、憐れまれたりするのがつらいわけです。

誰にも気づかれなければ、薄毛やハゲは痛くもかゆくもないわけで・・・・・・。

でもカツラは心理的な重みがあります。

「重い」のですね、カツラは。

 

 

植毛にしても、カツラほどではないのですが、心理的な負担が多いわけですね。

そこで、ハゲを隠す、薄毛を隠す、ということが大事なのですね。

 

 

見た目にハゲてなければ、それでいいのです。

 

 

手軽に、薄毛のコンプレックスを緩和させることができます。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報