薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛を治したいのなら、ストレスに対応する術を身につけなくてはなりません。

読了までの目安時間:約 4分

薄毛を治したいのなら、ストレスに対応する術を身につけなくてはなりません。

 

私の知人に中国人と結婚している人がいます。

 

その人からの情報ですが、

 

1.中国人はハゲが少ない。女性の薄毛もほとんど見られない

 

2.日本にしばらく住むと、なぜか中国人の人も薄毛、ハゲになりやすい

 

 

ということです。

 

 

fotolia_118167250_xs

 

先日、リオのオリンピックの入場行進を見ましたが、中国にはハゲ、薄毛の選手は少なかったのです。

 

 

中国人になぜ、薄毛やハゲが少ないのか?

 

仮説ですが、(また、中国も広いので、私の知人の実体験も普遍的に、 中国に当てはまることではないかもしれません)

 

食生活の違いがあるでしょう。

 

中国の人は「酢」を好み、日常の生活に取り入れています。

 

また、

 

日本人のようにポテトチップスを食べたり、 コーラ、缶コーヒーなど、中国ではあまり飲まないようなのです。

 

 

日本人の食生活は近年乱れています。

 

自動販売機が道の100メートルごとに設置されています。

 

ジュース類はハゲにきわめて、よくないのです。

 

fotolia_100528805_xs

 

 

そして、

 

ストレスもあるでしょう。

 

女性の薄毛の原因の多くがストレスが関与しているといわれています。

 

日本の社会はストレスだらけです。

 

今日(平成28年9月21日)、テレビでは学校の「いじめ問題」を特集していました。

 

大人も会社ではリストラの危機。

 

給料は下がる一方。

 

不況はつづく。

 

自然災害も頻繁に起きる。

 

などなど。

 

fotolia_89921690_xs

 

一方、中国は、伸び盛りなので、ストレスもよい意味でモチベーションになるのです。

 

元気のもと。

 

戦後日本のヤル気のようなものがあるのです。

 

それにしても、

 

日本の生活はストレスが強いので、中国から来た人も、日本に来ると薄毛となり、ハゲてくるのでしょうか。

 

 

私の思うに、日本人でハゲている人が、別の国にいくと、ハゲが治るかもしれないですね。

 

食生活が変わり、ストレスがなくなると髪が生えてくる可能性は高い。

首ヨガで髪の毛を太く、多くしようではないですか。

読了までの目安時間:約 4分

薄毛が治り、すぐにも見た目年齢が10歳若返ると大人気の「首ヨガ」。

 

首ヨガで髪の毛を太く、多くしようではないですか。

 

今回の方法はかなり発毛効果があります。(きっぱり!!)

 

私は、首のコリやゆがみが白髪やハゲの原因になることを、もちろん知っていますので、この「首ヨガ」に似たことをずっと実行してきました。

 

そのきっかけは、昭和63年ころの話です。

 

知り合いの宝石店のセールスマン(当時40歳)が、頭の右半分が白髪だったのです。

 

 

左側は黒々していました。

 

ハゲではありませんでした。

 

左右とも髪の毛は,量についてはボリュームたっぷりで、フサフサでしたね。

 

ただ髪の毛が頭の半分だけ白髪だったのです。

 

 

その方が、なぜ半分が白髪なのかを説明してくれました。

 

 

「自分は、交通事故で首の筋肉、骨を曲げてしまった。その結果、十分な血液が片側は通りにくくなり、片側は白髪になるんだよ」

 

ということ。

 

 

私は当時すでに、髪の毛は血との関係が深いことを知っていましたので、その話は本当だとわかったのです。

 

さて、それはそれとして、髪の毛を生やすノウハウのみ抽出しましょう。

 

 

この首ヨガの情報源は、健康雑誌の特集記事です。

 

20ページ近い首改善の特集を組んでいます。

 

 

育毛、発毛だけでなく美肌や、精神的なイライラにもよいということです。

 

「薄毛やイライラに効くので大人気」と見出しにも書かれています。

 

育毛に活用するにはカンタンです。

 

 

ポイントは、首から背中の筋肉を伸ばすこと。

 

 

ヨガでいう「ウサギのポーズ」というものです。

 

座ってお辞儀して、前にあたまをもっていき、頭部をできれば床につけるのです。

 

効果は、

 

「頭部の血流がよくなると、毛根細胞の働きも活発化します。そして、頭皮をじかに床にすりつけるポーズをとると、毛穴の刺激も大きくなり、頭皮の血流が改善されて薄毛の予防にも役立つでしょう」

 

というわけです(同著59ページより引用)

 

 

首は頭皮に血流がながれていくには、通っていかなくてはならない道です。

 

だから道をスムーズに通れるようコリをなくし、髪の毛を増やすための血液をグングン送りましょう、ということなのです。

 

 

血行が良くないと、薄毛は治せません。

 

 

育毛剤もサプリメントもムダになるのです。

 

 

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

読了までの目安時間:約 3分

薄毛回復法として、2011年には岡嶋博士のIGF-1理論が話題を呼びました。

 

 

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

 

 

若くしてハゲるのは体内のIGF-1が少なくなっているのであり、このインスリン成長因子を増やすことで、髪の毛は薄毛から改善され、細い髪も太くなるのですね。

 

 

この「インスリン成長因子IGF-1」というのは、聞きなれない言葉なのですが、具体的な育毛法としては極めて有名な方法なのです。

 

 

fotolia_61929221_xs

 

 

あなたも育毛情報を調べているなら、おそらく

 

 

大豆イソフラボンとカプサイシン

 

 

で髪が生えると聞いたことがあるはず。

 

 

さらに実行するためには、

 

 

 

豆腐にトウガラシをかけて食べる

 

 

あるいは、

 

 

納豆とキムチを同時摂取

 

 

 

ということなのです。

 

 

この育毛法はテレビや雑誌やネットで数年前から有名だったのです。

 

 

岡嶋博士のノウハウによってサプリメントや育毛剤も販売されています。

 

 

fotolia_84656599_xs

 

 

ただ、大豆イソフラボンとカプサイシンは食事で摂取できるので、サプリよりも毎日の食事で摂取する方がよいと思いますね。

 

食事で摂取できるものは可能な限り食事でとる。

 

サプリメントは摂取しにくい栄養成分を補うことです。

 

 

お金はコラーゲンやノコギリヤシに使う方が費用対効果が高いのです。

 

 

薄毛の悩み、退散せよ。薄毛遺伝子よ退散せよ。

読了までの目安時間:約 5分

薄毛の悩み、退散せよ。

 

 

薄毛遺伝子よ退散せよ。

 

 

ハゲに悩む人の多くは、遺伝性だから仕方ない、と考える人がいます。

 

 

髪の毛が薄くなると悩みは深まります。

 

 

遺伝的な要素をもつ人が、安らかに人生を送ることができるようにしたくてこのブログを書いています。

 

 

hairdresser does hair with black comb of handsome satisfied client in professional hairdressing salon

 

 

ハゲ、薄毛遺伝子があると、薄毛になる確率はあります。

 

 

しかし、子どもも必ず薄毛、ハゲになるというものではありません。

 

 

これはあなたの周りにも実例があるのでは?

 

 

親がすごいハゲなので、息子も見の毒に思っていましたが、まったくハゲ遺伝子の影響を受けていない場合があります。

 

運命は非情、といいますか、遺伝を受け継ぐか継がないかで大きく運命が左右されます。

 

ちなみに、私は男性型脱毛の遺伝子を受け継いでいますが、3歳年上の53歳の私の兄は髪の毛ふさふさです。白髪はあります。

 

兄はタバコは吸うし、規則正しい生活でもありません。

 

 

しかし、髪の毛は平均的な同年代の男性よりも多いです。

 

 

私は、ここでいうのもなんですが、非常に大きな努力をし、お金と時間をかけて育毛の努力を長年続けています。

 

 

ところが、ハゲ遺伝子という先祖からのプレゼントのせいで、兄よりも髪の毛が少ないです。

 

 

まずまず満足できる量にはキープしていますが、ハゲ遺伝子の影響は完全には解消できません。

 

しかし、そのうちに髪の毛をぼうぼうにすること実現して見せますよ。

 

育毛、薄毛に関しては、太いか細いか、直毛か縮毛(しゅくもう)か、その他の性質など、さまざまな遺伝的要素があります。

 

 

遺伝的要素が複雑に関係しあいながら、次の世代に受け継がれるのです。

 

 

まあ、誰しも薄毛は「受け継ぎたくはない」ものですが・・・。

 

 

fotolia_61237470_xs

 

 

遺伝による育毛、薄毛の悩みで一番多いのは、前頭部から頭頂部にかけて薄くなる形の男性型脱毛症です。

 

男性型脱毛症は早い人で20歳代位から始まります。私は24歳でした。

 

遺伝的な要素があれば、加齢と共に薄毛化が着実に進行していきます。

 

日本人の場合、男性型脱毛症で毛髪が全くなくなってしまう人が約4%、かなり薄くなる人が約20数%くらいいます。

 

しかし、他にも育毛、薄毛に関しては様々な要因があるようで、両親や祖父母などが薄くても男性の子はそうでない場合も多く、はっきりした確率は出ていません。

 

父親、祖父などが全て薄毛で、自分も早いうちから薄毛が始まった場合、専門家に相談した方がよいかもしれません。

 

私も15年位前、当代、トップクラスの育毛専門医に見てもらったことがあります。

 

育毛剤を処方されただけでいたが、非常に参考になりましたよ。

 

頭皮のマッサージシャンプーで抜け毛を最少限に防ぎ、育毛剤の使用などで血行促進を持続させるヘアケア、バランスがとれた食事、適度な運動、ストレスを溜めないなどを守りましょう。

 

 

ビジネスマン タブレットコンピューター

 

的確な育毛を実践すれば、育毛、薄毛の悩みとオサラバすることは十分可能です。

 

ハゲの恐怖から逃れられます。

 

私は24歳のときから以後、34年も逃げ切ってきました。

 

80歳くらいまでは、髪の毛を失いたくないと思うのです。

髪の毛を太くしたら薄毛は解消できる

読了までの目安時間:約 7分

髪の毛を太くする方法について。

 

 

薄毛毛対策としては、髪の毛を太く丈夫にするコラーゲン法と発毛ツボ刺激がいいのです。

 

 

人間は1日100本程度の髪の毛は自然に抜けていくわけで、100本と聞くと多いと思うかもしれませんが、100本以内の抜け毛であれば正常だといわれています。

 

抜け毛が増える時期は秋といわれているのが一般的で、一方では春先に増えるという意見もあります。

 

つまりこれらの時期に抜け毛が多少増えることは問題ないということです。

 

しかしその抜け毛が別の要因の可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

春先に抜け毛が増えている場合、それはもしかしたらストレスが発端になっているかもしれません。

 

春先は生活環境が変化する時期ですので、疲れを感じたりストレスを感じたりするものです。

 

そういったときに抜け毛が増えてくると、円形脱毛症になる可能性もあるのです。

 

抜け毛が増えたなら、さっそく対策を立てるべきです。

 

放置だけはしないように。

 

 

 

fotolia_61237470_xs

 

 

まずはコラーゲンを飲み、髪の毛を太くしましょう。

 

コラーゲンは、2か月で髪の毛を太く作るエネルギーを体に与えます。

 

髪の毛を太くするためにコラーゲンとともに重要なのが、「髪の毛を生やすツボ療法」です。

 

薄であっても、確実に実行すれば、驚くほど「髪の毛の勢い」が出て、髪の毛の太さも増してくるのです。

 

 

 

 

髪の毛のトラブル解消にはツボ療法が効くのです。

 

ぜひ正しい知識を身につけ、実践することで髪の毛を増やし、髪の毛を太くして欲しいと思いますね。

 

頭髪を改善し、髪の毛を太くするには「血流」の改善が必須です。

 

頭髪の活発な成長のためには、運動がまずは重要です。

 

運動不足は抜け毛となります。運動不足と抜け毛がどのように交わるのか分からない人が多いと思います。しかし抜け毛の原因の一つは血行不足ともいわれているのです。

 

散歩やジョギングなどを実行しましょう。

 

 

 

 

私は今は「リズミック・カンフー」というトレーニングを自宅で楽しんでいます。

 

ストレス解消にもなります。

 

運動不足でいると、身体を動かさないために血行が悪くなり、頭まで充分に血液が行き渡らなくなり、それが抜け毛の原因となるのです。

 

抜け毛の原因が運動不足の場合は、毎日少しずつの運動をおこなうだけで抜け毛のリスクは確実に減っていきます。

 

 

 

 

運動をする時間が取れない人も大勢いるとは思いますが、移動はなるべく徒歩にするとか、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うようにするなどの、ちょっとした運動で効果が違ってきます。

 

抜け毛対策だけに限ったことではなく、運動不足は今すぐにでも解消するべきです。

 

定期的な運動はメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の対策にもなります。

 

抜け毛のリスクを減らす意味でも、毎日の運動を習慣化していきたいものです。

 

運動のほかに、髪の毛を太く生育するにはツボ療法が有効です。

 

 

 

ヘアセットをするビジネスマン

 

 

髪の毛を生やしたいとき、頭皮にばかり気になりますが、実は、髪の毛を生やすときには、足の裏、手のひら、肩、首、目、などを健やかにしなくてはいけないのです。

 

ツボの流れである経絡にはたくさんのツボがあるのです。

 

まずは2つのメインのツボを確実に刺激します。

 

2大発毛ツボとは、頭皮と足の裏です。

 

まずはこのツボを確実に刺激しましょう。

 

その方法ですが、「ツボ」の位置は詳しく知る必要はありません。

 

足の裏、頭皮には育毛を促進するツボが存在します。

 

しかし、足の裏を万遍に刺激する、頭皮も万遍に刺激するといいのです。

 

足の裏については「足裏マッサージ機」を使用したいです。

 

安いのは数千円で買えるのです。

 

 

いすに座って足裏をローラーの上に乗せているだけでいいです。

 

足の裏全体が刺激できます。

 

頭皮については、「漢方針ブラシ」というイノシシ毛でできたブラシを頭皮に押し当てて刺激します。

 

漢方育毛療法のポイントは漢方針ブラシによる頭皮刺激で、髪の毛を太くすることです。

 

購入したいが、どこで売っているかわからないときは、「自然美(しぜんび)」というところを検索し、さっそく購入しましょう。

 

髪の毛を復活させる漢方針ブラシでは、特に、痛くないように、ソフトな刺激を心がけましょう。

 

頭皮を刺激することで、毛を作る細胞組織が活発化し、髪の毛は太く生育します。

 

コラーゲンによって髪の毛を太くする要素が体内にできていますので、効果は大きいのです。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報