薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

髪の毛を太くしたら薄毛は解消できる

読了までの目安時間:約 7分

髪の毛を太くする方法について。

 

 

薄毛毛対策としては、髪の毛を太く丈夫にするコラーゲン法と発毛ツボ刺激がいいのです。

 

 

人間は1日100本程度の髪の毛は自然に抜けていくわけで、100本と聞くと多いと思うかもしれませんが、100本以内の抜け毛であれば正常だといわれています。

 

抜け毛が増える時期は秋といわれているのが一般的で、一方では春先に増えるという意見もあります。

 

つまりこれらの時期に抜け毛が多少増えることは問題ないということです。

 

しかしその抜け毛が別の要因の可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

春先に抜け毛が増えている場合、それはもしかしたらストレスが発端になっているかもしれません。

 

春先は生活環境が変化する時期ですので、疲れを感じたりストレスを感じたりするものです。

 

そういったときに抜け毛が増えてくると、円形脱毛症になる可能性もあるのです。

 

抜け毛が増えたなら、さっそく対策を立てるべきです。

 

放置だけはしないように。

 

 

 

fotolia_61237470_xs

 

 

まずはコラーゲンを飲み、髪の毛を太くしましょう。

 

コラーゲンは、2か月で髪の毛を太く作るエネルギーを体に与えます。

 

髪の毛を太くするためにコラーゲンとともに重要なのが、「髪の毛を生やすツボ療法」です。

 

薄であっても、確実に実行すれば、驚くほど「髪の毛の勢い」が出て、髪の毛の太さも増してくるのです。

 

 

 

 

髪の毛のトラブル解消にはツボ療法が効くのです。

 

ぜひ正しい知識を身につけ、実践することで髪の毛を増やし、髪の毛を太くして欲しいと思いますね。

 

頭髪を改善し、髪の毛を太くするには「血流」の改善が必須です。

 

頭髪の活発な成長のためには、運動がまずは重要です。

 

運動不足は抜け毛となります。運動不足と抜け毛がどのように交わるのか分からない人が多いと思います。しかし抜け毛の原因の一つは血行不足ともいわれているのです。

 

散歩やジョギングなどを実行しましょう。

 

 

 

 

私は今は「リズミック・カンフー」というトレーニングを自宅で楽しんでいます。

 

ストレス解消にもなります。

 

運動不足でいると、身体を動かさないために血行が悪くなり、頭まで充分に血液が行き渡らなくなり、それが抜け毛の原因となるのです。

 

抜け毛の原因が運動不足の場合は、毎日少しずつの運動をおこなうだけで抜け毛のリスクは確実に減っていきます。

 

 

 

 

運動をする時間が取れない人も大勢いるとは思いますが、移動はなるべく徒歩にするとか、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うようにするなどの、ちょっとした運動で効果が違ってきます。

 

抜け毛対策だけに限ったことではなく、運動不足は今すぐにでも解消するべきです。

 

定期的な運動はメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の対策にもなります。

 

抜け毛のリスクを減らす意味でも、毎日の運動を習慣化していきたいものです。

 

運動のほかに、髪の毛を太く生育するにはツボ療法が有効です。

 

 

 

ヘアセットをするビジネスマン

 

 

髪の毛を生やしたいとき、頭皮にばかり気になりますが、実は、髪の毛を生やすときには、足の裏、手のひら、肩、首、目、などを健やかにしなくてはいけないのです。

 

ツボの流れである経絡にはたくさんのツボがあるのです。

 

まずは2つのメインのツボを確実に刺激します。

 

2大発毛ツボとは、頭皮と足の裏です。

 

まずはこのツボを確実に刺激しましょう。

 

その方法ですが、「ツボ」の位置は詳しく知る必要はありません。

 

足の裏、頭皮には育毛を促進するツボが存在します。

 

しかし、足の裏を万遍に刺激する、頭皮も万遍に刺激するといいのです。

 

足の裏については「足裏マッサージ機」を使用したいです。

 

安いのは数千円で買えるのです。

 

 

いすに座って足裏をローラーの上に乗せているだけでいいです。

 

足の裏全体が刺激できます。

 

頭皮については、「漢方針ブラシ」というイノシシ毛でできたブラシを頭皮に押し当てて刺激します。

 

漢方育毛療法のポイントは漢方針ブラシによる頭皮刺激で、髪の毛を太くすることです。

 

購入したいが、どこで売っているかわからないときは、「自然美(しぜんび)」というところを検索し、さっそく購入しましょう。

 

髪の毛を復活させる漢方針ブラシでは、特に、痛くないように、ソフトな刺激を心がけましょう。

 

頭皮を刺激することで、毛を作る細胞組織が活発化し、髪の毛は太く生育します。

 

コラーゲンによって髪の毛を太くする要素が体内にできていますので、効果は大きいのです。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報